メラニンが沈着した毛穴の特徴、皮脂が酸化した黒ずみ毛穴との違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂が参加して黒ずんでしまっている毛穴の場合は、触ってみるとザラザラとした感じがします。しかし実際に毛穴が黒ずんでいるにも関わらず、実際に触ってみてもザラザラしていないこともります。そのような状態になってしまっている毛穴がメラニン毛穴です。黒くなっているので黒ずみ毛穴とおなじように見えてしまうこともありますが、実は全く原因も違っています。だからケアする上でもその方法も全く違っているので、注意しなければなりません。

そもそも黒ずみの場合は、毛穴に角栓がつまり、それが参加して黒くなっている状態です。だから角栓を除去することができればその黒ずみを改善することも決して不可能ではありません。しかしメラニン毛穴自体は角栓が詰まっているわけではなく、実は紫外線によって日焼けしていたり、し磯沈着を起こしてしまっていることが大きく関係しています。だから、毛穴をどれだけ綺麗にしたとしても皮脂の参加で黒ずんでいる時のように綺麗になるわけではありません。

メラニンが沈着してしまっている場合は、ターンオーバーを正しく行い、古い角質とメラニンを一緒に剥がれ落とすように働きかけます。とはいえ、年齢や生活習慣によってもターンオーバーは乱れがちです。その場合、結果的にメラニンが落ちずに黒くなっていってしまうのです。

ではどのようにすれば改善できるかというと、やはり有効と言えるのが美白ケアです。美白というと肌を白くするとかシミを消すなどの目的で利用する物ですが、これとおなじ手入れを行うとメラニンの沈着を改善することができます。また、美白対策だけでなく紫外線対策も同様に行います。せっかく美白ケアをしても、紫外線対策を行わないと再びメラニンが蓄積したり、時には前よりも状態が悪化してしまうということもあり得るからです。またより効果的に改善するためには、ピーリングを活用する方法もあります。ピーリングには古い角質や老廃物を溶かして皮膚再生を促進する働きが期待できるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。