スクラブ入り洗顔料が合う毛穴・合わない毛穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴の黒ずみや開きを気にしている人は多いものです。なぜ毛穴が黒ずんでしまうのか、それは元々毛穴の周囲には皮脂腺があるからです。この皮脂腺から出る皮脂は、肌の乾燥を抑える役割を果たしているのです。また外部の刺激から肌を守ってもいるのですが、一方でニキビの原因にもなってしまいます。もしこの毛穴がふさがれてしまった場合、皮脂は外に出ることができないため、中にたまってしまいます。そのたまった皮脂にアクネ菌が繁殖すると、ニキビになってしまうのです。

ですからニキビを作らないためには、やはり毛穴ケアをきちんと行う必要があります。また毛穴をふさいだ汚れなどが、酸化すると黒ずみになってしまいます。しかしだからといって、やたらに洗顔をしたり、力を入れたりして洗うと毛穴が開いてしまいます。中にはスクラブ洗顔料を採り入れてお手入れをする人もいるでしょう。しかしこのスクラブ洗顔料には、実は毛穴ケアでも合う合わないがあるのです。

まずスクラブ洗顔料が合うのは、皮脂の分泌が多い人とか、毛穴がいつも開きがちの人です。いわゆる脂性肌の人も、このスクラブ洗顔料を使うとさっぱりした洗い上がりを実感できます。その一方で、スクラブ洗顔料が合わない人もいます。同じ毛穴で悩んでいても、肌が乾燥気味であるとか、敏感肌の人の場合には向きません。乾燥肌や敏感肌で毛穴ケアをしたいという人は、保湿効果が高く、マイルドな洗い上がりの洗顔料を使うことをお勧めします。

こういう肌タイプの人は、感想が原因で毛穴が目立っていることが多いので、保湿をすることで毛穴ケアの役目を果たします。パックやマスクをしてみるのもいいでしょう。またスクラブ洗顔料を使わずに毛穴ケアをしたい場合は、収斂化粧水を使うという方法もあります。毎日収斂化粧水を使うことにより、毛穴は徐々に小さくなって行きます。目に見える効果は感じにくいのですが、根気よく続けていれば効果は現れてくるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。